ベッド 運搬

ベッドの運搬を一番簡単に行う方法

ベッド 運搬

ベッド 運送

ベッド 配送

ベッド

ベッド 運搬

 

ベッドは運搬するのに最も困難な家具です!
普段は便利なベッドですが、運ぶとなると大きさと重さでかなり厄介な存在になります。

 

シングルのパイプベッドなら何とか運ぶことができるでしょうが、それ以外は自分で運ぶのは難しいです。
運搬のプロたちはどうやって運んでいるかご存知ですか?

 

実は大きなベッドはバラバラに分解して運ぶそうです。
業者はベッドをバラバラにしても新居で組み立てることが出来ますが、「ベッド分解→運搬→ベッド組み立て」という作業は、素人ではひょっとしたら1日で終わらないかもしれません。

 

ベッドを運ぶことの出来る業者は、便利屋・家財便を扱う宅配業者・引越し業者くらいだと思います。
郵便局は3辺の合計が1.7m以下で30kg以下のものしか運ぶことが出来ませんので、対象外になります。

 

料金形態が異なるので比較しづらいのですが、検討してみました。

 

便利屋は作業時間によって金額が違うので、家の中でのベッドの移動や近所への運搬の時にはオススメできます。

 

宅配業者は手配すればすぐに取りに来てくれてスムーズですが、ベッドの運搬を扱う業者が少ないので金額がやや高めに感じます。

 

引越し業者は料金を掲載しているところがほとんどなく見積もりを取ってみないと分からないですが、業者の数が多いので料金には期待できます。
引越し業者には、冷蔵庫だけ・ベッドだけ・ピアノだけ運ぶサービスもあるので、お気軽に見積もりしてみてください。

 

まずは引越し業者に見積もりを取ってみて、どこに依頼するか決めませんか?
引越し業者一括見積もりがオススメです。

 

ベッド 運搬 費用

 

情報を1回入力するだけで、複数の引越し業者からの見積もりが取れます。
1番安い業者も相場もすぐにわかりますし、サービスを比較することもできます。

 

この引越し業者一括見積もりは「ベッドだけを運搬して欲しい!」という希望にも応えてくれる業者を探すのにも便利です!

 

 

他にもいろいろな一括見積もりサイトがあります。

 

 

複数の見積でさらに安くなる!

1つ1分。3つでも3分。最もお得にしよう!!

引越し達人

・なんと最大55%安くなる!
30秒のかんたん見積もり
・引越し手続きガイド プレゼント

SUUMO引越し

電話番号入力不要!

見積もりしておけば、あなたの都合のいい時間にメールや電話で連絡できるので、時間を気にしなくていい
・クロネコヤマトの引越が人気
クロネコヤマト

引越し価格ガイド
引越し

・200社を超える業者が登録
・最大10社から見積もり

ズバット引越し
引越し

・安い引越業者を探す方法は必見


ライフル引越し
引越し

・はじめての引越しにもおすすめ

 

 

 

引越し費用の仕組みとは?

 

富士市 引越し 仕組み

 

引越し費用は荷物の量に比例します。
荷物が多ければスタッフの人数は多く用意しなければなりませんし、トラックだって大きいサイズのものを用意しなければならないからです。
だから引越しの費用は、1人暮らし用〇万円という風な表示ができないのです。
一人暮らしでも本やゲームなど荷物の多い人は費用がかかりますし、単身パックに収まる量の荷物しかない方は費用が安いから
です。

 

そう考えると、不用品は引越し前に処分したほうがいいということになりますね。
普通のゴミ収集日を狙って捨てたほうが、引越しの費用が抑えられるということです。
いらないものは引越し前にできるだけ処分しておきましょう。

 

不用品の処理方法は、売る・あげる・捨てるなどの方法がありますが、どれを選んでも少し時間がかかるので不用品が多い人は早めに動きましょう。
ゴミカレンダーの日程によってはどうしても捨てられない大きなゴミは、直接クリーンセンターに持って行くという方法もありますので詳しくは最寄りのクリーンセンターにお問合せください。

 

不用品の処理費はオプションとして別料金で引越し業者が引き取ってくれますが、引越し日までに売る、あげる、捨てるなど計画的に処分しておくと費用が抑えられます。

 

一括見積もりの際に捨てるつもりで記載しなかった家具が残っていたりすると、トラックにすべて詰め込めない・追加料金が発生したなどのトラブルになります。
見積もりの際に処分しているつもりのものは必ず処分しましょう。

 

事情があってどうしても処分できなかった場合は、引越し業者に連絡しておくと安心です。

 

引越し先が近所であれば小さいものは自分で運び、大きなもの例えばベッドや食器棚などの大型の家具、冷蔵庫や洗濯機などの重い家電だけを運んでもらうという手もあります。
どんな引越しを希望するかは人それぞれですが、引越しの準備は新居が決まったらすぐに始めましょう。

 

 

引越しの時期と値段の関係

 

引越しの時期と値段

 

引越しにかかる費用は、実は1年中いつでも同じ値段というわけではありません。
たとえ同じ距離で同じ荷物の量で引越しをしても、繁忙期と通常期では値段が変わります。
これはベッドのみを運びたいときも同じです。

 

繁忙期というのは、ズバリ3月のことです。
3月は1年で一番引越し件数が多く、日本全国引越し業者はどこも猫の手も借りたいほど忙しくなります。

 

なぜなら日本では4月から新学期で、新大学生が大学の近くに引越ししたり、新社会人が会社の寮に引越ししたりするからです。
それだけではありません。
多くの会社では春と秋の2回人事異動があり、春の人事異動がちょうど4月の新学期前に行われるのです。

 

転勤の辞令が出たサラリーマンとその家族の引越し、単身赴任をするサラリーマンの引越しもここに加わります。
これだけ多くの人が引越しをする理由があるのですから、日本全国の引越し業者は繁忙期に大忙しなのです。

 

この時期に引越ししたり物を運ぶ場合は、早めに見積もりを取って引越し業者を押えておきましょう。

 

 

引越しの手順

 

引越しの手順

 

引越しの手順を知っておくと無駄な動きが少なくてとても便利です。
おおまかな手順を確認しておいてくださいね。

 

@新居が決まったら引越し業者一括見積もりをして、一番条件の良い引越し業者と契約する。
A荷物を梱包し、不用品は処分する。
B市外への引越しは転出届を提出する。引越し2週間前から提出可能。
C電気・ガス・水道・ネットなどの会社に連絡する。
D郵便局へ転送の手続き
E引越し当日
F市外引越しなら転入届、同一市内なら転居届を役所に提出する。引越し2週間以内に。
G荷解き
H免許・パスポート・保険・カードなどの住所変更をする。

 

まず気になるのが引越し業者を決めることですが、引越し費用は新居の物件にエレベーターがあるのかないのかによっても金額が変わったりします。
ですから、新居の状況がわからないと正確な見積もり金額が出せません。
引越し業者への見積もりをするのは、新居が決まったらすぐがオススメです。

 

そして引越し料金は荷物の量に比例して値段が変わります。
荷物が多ければ大きなトラックと多くのスタッフ、多くのガソリンを必要としますから、当然金額が高くなるのです。
引越しの前に不用品はどんどん処分して、できるだけ荷物を減らしておきましょう。
梱包作業も時間がかかりますので、あまり使わないものからどんどんダンボールに詰めましょう。

 

市外引越しの場合は、市町村役場で転出届を必ず提出しておいてくださいね。引越しの2週間前から提出することができます。
転出届を出し忘れると提出しに戻ったり、連絡して郵送してもらって送り返すなどの手間がかかります。
それと市町村役場に行きましたら、国民年金や国民健康保険の手続きが必要かも聞いてください。

 

2週間くらい前になると電気・ガス・水道業者に連絡して、引越し日までの費用を日割り精算してもらう手配をしましょう。
手続き方法は各会社によって違うので、まずは電話連絡をしてください。
同一市内の引越しなら、引越し日に新居で電気・ガス・水道を使えるように手配してもらいましょう。

 

新居に郵便物が届かなくなるのは不便ですね。
最寄りの郵便局に行って「転送届」を提出すれば、1年間は郵便物を新居に転送してくれます。
この1年間に引越ししましたという連絡を、友人や知人に手紙やメール、LINEなどでお知らせしておきましょう。

 

引越しの当日、運ぶものはすべて引越し業者におまかせして、あなたは家具・家電の置く場所を指示してください。
あらかじめ決めて紙に書いておき壁に貼っておくと便利ですね。
自分で配送した方がいいものは、貴重品、高級品、貴金属、お金、パソコンのデータ、遺影、位牌など大事なものです。
これらはうっかり破損しても、お金で解決できるものではありません。 大切にしてください。

 

引越ししてから2週間以内に新居に最寄りの市町村役場に行き、市内引越しなら転居届を市外引越しなた転入届を提出しましょう。
これで役場から選挙のお知らせなどが届きます。

 

最後に運転免許証やパスポート、保険証など身分証明書になるもの、銀行やクレジットカード会社、保険会社などにも住所変更をお知らせしてくださいね。
うっかりしがちですが放置すると大事なお知らせが届かなかったり、いざ使おうと思っても使えないなどのトラブルになります。
忘れないうちに行ってください。

 

 

引越しの時にかかる賃貸契約費用

 

引越し初期費用

 

賃貸物件を契約する際にいろいろな費用がかかりますが、名前が特殊でわかりにくいです。
どんなものがあるのか確認してみましょう。

 

敷金・礼金・仲介手数料・家賃2〜3か月分・連帯保証会社利用費用・火災保険・カギの交換費用などが必要です。

 

敷金というは、自分が借りた物件を綺麗に戻す費用で入居の時に管理会社に預けるのが一般的です。
直すところがないほど綺麗であれば返金されることもありますし、逆に部屋を汚く使用したら追加料金を請求されることもあります。
敷金ゼロという物件は入居しやすいですが、結局退去の際に徴収されるので同じことです。

 

礼金は昔からの慣習で大家さんに支払う費用です。
しかし最近は昨今の賃貸経営ブームで空き部屋が増え、礼金ゼロの物件にして差別化を図る大家さんも増えています。

 

仲介手数料は不動産会社に支払う費用のことです。
法的に決まった額はないので、管理会社によって金額が異なります。
仲介手数料ゼロの会社もあります。

 

・家賃2〜3か月分は家賃を先払いしてもらうことで、社会問題となっている滞納のリスクを減らしています。
そこそこの貯金がなければ引越しできないということですね。

 

・連帯保証会社利用費用は身元保証の会社に支払う費用です。
昔は家賃滞納のリスクに備えて契約書に連帯保証人を記載するのが一般的でした。親や兄弟、親戚などが連帯保証人になっていました。
しかし最近は一人っ子や一人親、親戚なしなど連帯保証人を立てられない人が増えたため、身元保証会社にお金を払って利用することが増えました。

 

・火災保険は集合住宅であれば必ず加入しなければなりません。
なぜなら自分のせいではない火事、つまり「もらい火」をした場合でも火元の住民に賠償を求めることはできないのです。
木造住宅が多くしかも密集していますから、どこから火がでてもおかしくない状況です。
もらい火でも自己責任となりますので、自分のために火災保険には加入しましょう。

 

・カギの交換費用は1・5〜2万円ほど費用がかかりますが、カギは家族分をスペアキーとして作る人が多く一体いくつ作られたのか大家さんにも管理会社にもわかりません。
防犯のことを考えても入居時に鍵は新しい物に交換しましょう。

 

 

引越し業者とオプション

 

ベッド 運搬 オプション

 

引越し料金は、人件費と輸送費とオプション代との合計金額で成り立っています。
ではこのオプションにはどんなものがあるのかご存知ですか?

 

@エアコンの取り付け・取り外し

 

Aテレビの取り付け・取り外し

 

Bハウスクリーニング

 

C車の陸送

 

Dピアノの運搬

 

Eペットの運搬

 

F殺虫サービス

 

G荷物の一時保管

 

 

オプションの中でも最も依頼が多いのは「エアコンの取り付け・取り外し」だそうです。
これらは設置方法が複雑なので自分でやろうと思ってもできません。
かといって電気屋に手配してやってもらうのも、引越し前と引越し後2回来てもらう必要があるのでとても面倒なのです。

 

しかし引越し業者にオプションとして依頼しておけば、専門の業者が来てやってくれます。
自分で手配する手間や時間が省けますし、料金も自分で依頼するのとさほど変わらないのでオススメです。

 

車の陸送は、年配の方や女性、運転が苦手な方、妊娠中で車での長距離移動が負担な方などに便利なサービスです。
車の運転が得意で、体力があって、時間に余裕がある方でないと長距離の車の運転は出来ませんね。

 

このように有料ではありますが、あると便利なサービスがオプションになっています。

 

 

 

ベッド 運ぶ 冷蔵庫 送る 冷蔵庫 運送